税制上の優遇措置について

個人の方

所得税
年間合計寄付金額が2000円を超える場合には、確定申告を行うことで所得税の還付が受けられます。「所得控除」か「税額控除」、いずれか有利な方を選択できます。

「所得控除」:寄付金の合計額-2000円が所得金額から控除されます。その分税額が低くなります。

寄付金合計額-2000円=所得金額から控除される額

※控除対象となる寄付金合計額は、所得金額の40%が上限

「税額控除」:寄付金の合計額-2000円の40%が、直接、税額から控除されます。

(寄付金合計額-2000円)×40%=所得税から控除される額

※控除対象となる寄付金合計額は、所得金額の40%が上限

※控除額は所得税額の25%が上限。公益社団法人等寄付金特別控除額を合わせた上限です。

「税額控除」を選択いただいたほうが有利な場合が多いですが、所得税率の高い方の場合、「所得控除」を選択した方が還付額が高くなる場合があります。ご不明な点や個別のケースにつきましては、最寄りの税務署にご相談ください。

相続税
ご遺族の方が相続により受け継いだ財産の一部または全部を申告期限内に寄付した場合、寄付した財産については相続税が免除されます。

住民税
東京都にお住まいの方は上記の所得税に加えて、都民税の寄付金控除も受けられます。また、港区にお住まいの方は、都民税に加えて区民税も対象になりました。どちらも所得税の確定申告と同時に可能です。

法人の方

一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で「特別損金算入限度額」が設けられています。寄付金合計額が「特別損金算入限度額」を超える場合には、その超える部分は一般寄付金に含めて、一般寄付金の損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

控除できる金額
一般寄付金の損金算入限度
(資本金等×0.25%+所得金額×2.5%)×1/4

特別損金算入限度額
(資本金×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2

認定NPO法人や特定公益増進法人に対する寄付金合計額が特別損金算入限度額を超える場合には、その超える部分は一般寄付金に含めて、一般寄付金の損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

控除を受けるための手続き
領収証に記載の寄付金受領日を含む事業年度の確定申告書に、「寄附金の損金算入に関する明細書」を添付するとともに、「KIFUMIN」が発行した「領収証」を保管してください。

※税法改正の場合もありますので、税制上の優遇措置に関する詳細は、所轄税務署にお問い合わせいただくか国税庁のホームページよりご確認ください。

KIFUMINに新規登録することで
もっと便利に、もっと気軽に。

新規登録を行うと、
寄付の履歴を確認できたり、
あなたの税額控除額を
自動で計算してくれます。

新規登録はこちらから